ご相談は中野・杉並行政書士事務所へ

家族が納得できる遺言書を作成するには?

遺留分に配慮した内容にすることをお勧めします

 「遺留分」とは、一定の法定相続人に認められた相続財産に対する持分的利益のことです。具体的には、法定相続分の半分(直系尊属のみが相続人の時は3分の1)が遺留分にあたります(民法1028条)。
 たとえば、遺留分を侵害する内容の遺言(例:全財産を〇〇に譲る)を遺したとしても、遺留分を有する法定相続人が、遺留分に相当する相続財産の返還を求めた場合は、その遺言は遺留分の限度で効力を失うことになります(民法1031条)。
 遺留分権利者にとって、遺留分はいわば「最低限保障された権利」といえます。
 そのため、「全財産を〇〇に譲る」など遺留分を無視した遺言書を作成するのではなく、「〇〇(=遺留分に相当する財産)を相続させる」といった遺留分に配慮した内容にすることで、必要以上のトラブルを避けることができます
 なお、遺留分については、本件HP「法定相続人/法定相続分/遺留分」をご参照ください。

「次の相続」も考慮した内容にすることをお勧めします

 たとえば、父・母・子供2人(長男・次男)という御家庭で、父が亡くなった場合、法定相続人は母と長男・次男で、それぞれの法定相続分は、母:長男:次男=1/2:1/4:1/4となります。
 では、この後、母が亡くなった「次の相続」の時の法定相続分は、どうなるでしょうか。
 この時、長男と次男がともに母の子であれば、それぞれ1/2ずつ母を相続することになります。
 しかし、仮に長男は父の先妻の子、次男は後妻(=今回亡くなった母)の子であった場合、長男は母を相続できません。すなわち、次男のみが母を相続することになります。この場合、結果的に、長男は父の財産を1/4しか相続できないのに対して、次男は母からの相続分も含めて父の財産の3/4を相続することになり、長男が不満を抱く恐れがあります。
 そのため、遺言書を作成するときには「次の相続」がどうなるのかを踏まえて検討する必要があります。
 なお、次の相続がどうなるかについては、本件HP「法定相続人/法定相続分/遺留分」もご参照ください。

「付言」を丁寧に書くことをお勧めします

 遺言書には、法律で定められた遺言事項の他に、それ以外の事項(付言)を書くことも認められています。
 付言には、法律的な効力は認められていませんが、遺言者の最後の意思として真摯に扱われることが期待できます。
 そこで、「どのように考えて、この遺言書の内容に至ったのか」を丁寧に書くことで、遺族の方に納得していただくことが期待できます
 なお、法定の遺言事項および付言事項については、本件HP「遺言事項」をご参照ください。

 

参照記事

 ◆遺言書に関する疑問は「遺言書Q&A」をご覧ください。
 ◆相続に関する疑問は「相続Q&A」をご覧ください。
 ◆遺言書の添削・作成支援を30,000円(税抜)~お受けしております。

 

 

免責事項
当サイトで提供する情報等に関しては万全を期してはいますが、 その内容の全てを保証するものではありません。万が一、当サイトの内容を使用したことにより損害を被った場合に、当事務所では一切責任を負いかねます。本情報を利用するにあたっての判断は、ご自身の責任でなさいますようお願いします。

関連ページ

遺言書を書くのはお金持ちだけ?
家族の仲がいいので遺言書は必要ない?
法律通りに相続すれば問題ない?
遺言書を書くと撤回できない?
遺言書を書くと事由に財産が使えなくなる?
エンディングノートを書いているから大丈夫?
遺言書を作成することが、なぜ相続トラブルの予防に役立つの?
遺言書を書くと何ができる?
どのような場合に遺言書が必要?
どのような遺言書があるの?
遺言書が複数ある場合、どちらが優先される?
未成年でも遺言書を作成できる?
認知症を患うと遺言書を作成できない?
夫婦2人で1通の遺言書を作成できる?
遺言書の証人は誰に頼めばよい?
視覚機能、言語機能、聴覚機能に障がいがあっても、遺言書を作成できる?
自筆証書遺言の長所は?
自筆証書遺言の短所は?
自筆証書遺言はどのように作成するの?
パソコン・ワープロで作成した自筆証書遺言は有効?
遺言書の日付を「平成〇〇年〇〇月吉日」と書いてもいい?
自筆証書遺言に使う印鑑は実印でないとダメ?
自筆証書遺言をどのように保管する?
遺言書の署名は芸名・通称名でも良い?
遺言書はどんな紙に書けばいい?
公正証書遺言の長所は?
公正証書遺言の短所は?
自筆証書遺言と公正証書遺言の違いは?
公正証書遺言と自筆証書遺言、どちらが多い?
公正証書遺言に関する公証役場手数料は?
公正証書遺言はどのように作成する?
どういった内容を遺言できる?
遺言書には法定事項のほか書けない?
「全財産を譲る」という遺言は有効?
「不倫相手に財産を譲る」という遺言も有効?
遺言書の記載内容をどのように解釈するの?
遺言の内容を秘密にできますか?
ペットは遺産を相続できる?
特定の遺産を特定の相続人に「相続させる」趣旨の遺言の効力は?
相続分を指定する遺言の効力は?
「相続させる」「遺贈する」とされた相手が先に死亡した場合、遺言の効力は?
遺言書を見つけた場合、どうすればいい?
封印された遺言書を見つけた場合、開封してもよい?
封印している遺言書を開封したら、遺言は無効になる?
遺言はどのように執行される?

 
トップページ 遺言書 遺言書の書き方 遺族の手続き 相続 遺族年金等 相続税