ご相談は中野・杉並行政書士事務所へ

未支給年金の請求

概要

 故人に支給されていない年金がある場合に、相続人が未支給分を請求する

対象

 故人に未支給年金がある場合
 ※公的年金は後払いで支給されるため、ほとんどの公的年金受給者に未払が生じる

時期

 5年以内

請求者

 故人と生計を同じくしていた親族で以下の順
 ①配偶者
 ②子
 ③父母
 ④孫
 ⑤祖父母
 ⑥兄弟姉妹
 ⑦それ以外の3親等
 ※先順位者がいれば後順位者は請求できない

請求先

 請求者の住所地を管轄する年金事務所または年金相談センター

必要書類

 ・未支給年金請求書
 ・年金受給権者死亡届(報告書)
 ・故人の年金証書
 ・死亡の事実を証明する書類(戸籍謄抄本、死亡診断書(コピー)、住民票など)
 ・故人と請求者との身分関係証明できる書類(市区町村長の証明書、戸籍謄抄本)
 ・故人の住民票(除票)
 ・請求者の世帯全員の住民票
 ・受け取りを希望する金融機関の通帳(コピー可)
 ・故人と請求者が別世帯の場合は「生計同一についての別紙の様式」
 ・印鑑

免責事項
当サイトで提供する情報等に関しては万全を期してはいますが、 その内容の全てを保証するものではありません。万が一、当サイトの内容を使用したことにより損害を被った場合に、当事務所では一切責任を負いかねます。本情報を利用するにあたっての判断は、ご自身の責任でなさいますようお願いします。

 
トップページ 遺言書 遺言書の書き方 遺族の手続き 相続 遺族年金等 相続税